1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. 方法
  4. ≫植毛する髪はグラフト単位で分ける【自毛植毛FUT法の特徴】

植毛する髪はグラフト単位で分ける【自毛植毛FUT法の特徴】

下記に掲載している前回の記事では、自毛植毛法の1つであるFUT法のについて、その特徴とメリット・デメリットを詳しく解説させて頂きました。

⇒ 自毛植毛のFUT法とは【よくわかるメリットとデメリット】


上述した記事で紹介したように、FUT法は植毛先進国のアメリカでは主流として行われている治療法となり、今後日本でも手術を受ける方が爆発的に増えると考えられます。

アメリカの植毛
参考情報としてお伝えしておくと、日本で行われている人工毛の植毛術はアメリカでは安全上の理由から法律で禁止をされているんですね。人工毛は植えても生着する確率が低く、半年から1年周期で追加で植えることが必要です。そんな手術なんて、誰だってしたがるはずがありませんよね。


今後、植毛に関する正しい情報が広まるにつれて、これからは人工毛植毛を受ける患者さんは、ますます減少していき、代わりにFUT法のような自毛植毛を受ける方が、どんどん増加していくと私は考えています。


そこで、こちらの記事では自毛植毛のFUT法について、より詳しく理解して頂くために、FUT法の特徴である植える髪の株分けについて解説させて頂きます。

FUT法の特徴は株分け

株分け
他の自毛植毛と同様に、FUT法でも脱毛ホルモン『ジヒドロテストステロン』の影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪を、生え際や前頭部の毛量の少ない部分に植え付けています。


ただし、FUT方が他の手法と異なるのは、植え付ける髪を毛穴から生えている毛の本数毎に分けるところです。


毛穴が出ている髪は決して1本ずつというわけではありません。2本や3本の場合だってあるんですね。そして、FUT法では、それらを髪の本数毎に分類していきます。


つまり、後頭部から切り取った髪を1つの毛穴毎(フォーキュラーユニット毎)に切り分けていくんですね。この作業のことを株分けと呼び、分けられ株のことを『グラフト』と呼びます。


なお、良心的なクリニックでは、FUT法の手術価格は毛の数では無く、植え付け作業が行われるグラフト単位で行われます。例えば、下記画像は、湘南美容外科での植毛料金ですが『グラフト単位』での表示です。

植毛料金
また、株分け作業は手作業で行われるのですが、1つのグラフトは非常に小さいものであるため、正確に株分けをするためには、高額な電子顕微鏡が必要になってきます。そして、高価な設備が必要なため、日本のクリニックでは、いまだにFUT法の施術を受けられないところが多いんですね。


なお、株分けされたユニットは1本毛、2本毛、3本毛ごとに3種類のグラフトにサイズ分けをされて、植毛をされたあとの髪の濃さが自然になるような配置で植え付けられていきます。


例えば、薄い方が自然に見える生え際は1本毛を植え、濃く見えた方が自然な中央部は2本毛や3本毛を植えるという
ようにです。


また、植え付けるのは髪は毛穴単位と小さくなるため、細かな植毛が可能となります。その結果、髪の密度が高くて見た目の濃い髪を実現することができるんですね。


まとめると、FUT法は株分けをして適切な濃さのグラフトを、適切な場所に密集して植えこることが可能なため、『自然な生え方』と『濃さ』が実現ができます。


なお、デメリットを挙げるとすれば、施術をするクリニックが日本国内ではまだ少ない点でしょう。しかし、FUT法は日帰り手術が可能ですので、その点についても大きな問題にはならないかと思います。メリットの多い手法ですので、自毛植毛を検討している方は、ぜひFUT法を候補の1つとして考えてみてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。


【2017年・最新版】自毛植毛クリニックの評価まとめ

自毛植毛クリニックの比較表
こちら(↑)では、自毛植毛が可能なAGAクリニックを当サイト独自の基準で評価した上で、目的別のおすすめの病院を紹介中。どのクリニックにするか悩んだらチェックしてみてください。

【CHECK!】自毛植毛クリニックの評価ランキング・ベスト3

生着率の高い、切らない手術が可能
湘南美容外科クリニック
4.6
場所新宿、大阪、福岡、仙台
営業時間10:00-19:00(新宿院)
休日年中無休(新宿院)
植毛方法FUT法、ARTAS(毛根切断率の低いFUE法)
無料カウンセリングOK(専門医師が実施)
湘南美容外科クリニック

メスを使わない手術を希望の方は、毛根切断率が低くドナーを無駄にしない『ARTAS【アルタス】(FUE法)』での植毛を受けられます。また、メスを使うタイプの手術でもトリコフィティック縫合法のように、傷跡が目立ちにくい処理ができる技術レベルが高いクリニックです。コスト、技術、実績のどの面からも高く評価でき、AGA治療の専門医師による無料のカウンセリングを受けることができるのも大きな魅力。

TOMクリニック
コストパフォーマンス抜群
TOMクリニック
4.4
場所東京新橋、大阪梅田
営業時間10:00-20:00
休日不定休
植毛方法ARTAS(アルタス)
無料カウンセリングOK

基本料金0円でARTAS(アルタス)での自毛植毛を受けられるクリニックです。できるだけ安い料金で、たくさんの毛髪を移植したい方にはおすすめのクリニックです。また、投薬治療(フィナステリド錠を使用)も、1ヶ月あたり3750円と非常に安い値段で始められます。

アイランドタワークリニック
国内植毛シェア1位の人気
アイランドタワークリニック
4.3
場所新宿、大阪、名古屋、東京
営業時間10:00-19:00(新宿院)
休日年中無休
植毛方法i-ダイレクト法、ストリップ法
無料カウンセリングOK

自毛植毛手術を受ける方の10人中7人が選んでいる人気のクリニックとなります。切らない手術にも関わらず、1回の手術で大量植毛が可能な、『i-ダイレクト法』と呼ばれる独自の手法が特徴です。ただし、他のクリニックと比べて、植毛費用は高く設定されています。