1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. 方法
  4. ≫2回目の自毛植毛までの期間はどのくらい空ければ良い?

2回目の自毛植毛までの期間はどのくらい空ければ良い?

2回目の植毛
一度に1500グラフト(およそ3000本)のメガセッションの自毛植毛手術※をできる技量と設備を兼ね備えたクリニックが、日本国内にも徐々に登場しています。

※ 一度の手術で1500グラフト(毛の本数にすると約3000本くらい)の植毛を行うことを、メガセッションと呼びます。


少し前までは、技術レベルの高いFUT法のような方式で自毛植毛手術を受けるためには、アメリカに行くくらいしか方法はありませんでした。そのことを考えると、少しずつとは言え日本国内でも、FUT法でメガセッション手術を受けるクリニックが増えてきているのは、患者さんにとっては良いことだと思います。


しかし、そのように患者さんにとっては嬉しい環境ができつつありますが、全ての方が必ずしも1回の手術でだけ満足できるヘアボリュームを獲得できるわけではありません。


現在、主に行われている自毛植毛法である『FUT法』、『FUE法』、『単一植毛法』、『ARTAS・ロボット植毛』は全て、植え付けを丁寧に手作業で行う手法です。そのため、1回植毛できる本数には限りがあり、患者さんによっては2回以上植毛をしなくては、望んでいるだけの量と濃さを獲得できないこともあります。


では、2回目の植毛手術は前回の植毛手術を受けてから、すぐに手術をしてもらうことができるのでしょうか?以下では、その点について、詳しく解説させていただきます。

2回目の植毛まではこのくらいの期間を空けるべき

まずお伝えしておくと、1回目の手術のあとすぐに2回目の植毛を受けることはできません。では、どのくらいの期間をあければ良いのかですが、これは髪を植える場所が前回と同じ場所か、それとも全く違う場所かによって異なってきます。

1回目の違う場所に植毛をする場合

1回目と異なる場所に植毛をする場合は、髪を採取する部分の皮膚の状態が回復するのを待てば良いだけですから、期間は短くても大丈夫です。だいたい3ヶ月もすれば、縫合した箇所や頭皮の張りが徐々に回復してくるでしょうから、そのくらいの時間をおけば、2回目の植毛が可能となるでしょう。


また、FUE法のようにメスを使わない、縫わないタイプの手術を行った場合は、さらに短い期間で2回目の植毛ができるようになります。

1回目と同じ場所に植毛する場合

髪の濃さとボリュームとアップするために、1回目と同じ場所に植毛をする場合は、さらに長い期間を待つ必要が出てきます。その理由は1回に植えた髪が一度抜けて、発毛をするのを待たなくてはいけないからです。


なぜ、同じ場所に髪を植える場合は、長期間待たなくてはいけないかと言うと、前回植毛した髪がしっかりと発毛をする前に、次の植毛手術を行ってしまうと、頭皮に毛を植えるための切り込み(スリット)を入れる際に、前回植毛した髪の毛根を傷つけてしまう可能性があるからです。


そのような状態になってしまっては、いくら髪を植えても、濃さをアップさせることは難しくなります。ですから、ある程度の期間を開けて、前回植毛した髪が発毛するのを待てなくてはいけないんですね。期間にして10ヶ月程度は待つべきでしょう。


以上が2回目の植毛の際に、あけるべき期間の目安となります。


早く濃くしたいという気持ちは分かりますが、『急いては事を仕損じる』のようなことわざもあるくらいですから、決してあせらずに、ゆっくりと髪のボリュームをアップさせることが、後悔しない植毛をするためには重要です。それに、じっくりと濃くすれば、周りからも自然に見えるというメリットもありますからね^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。


【2017年・最新版】自毛植毛クリニックの評価まとめ

自毛植毛クリニックの比較表
こちら(↑)では、自毛植毛が可能なAGAクリニックを当サイト独自の基準で評価した上で、目的別のおすすめの病院を紹介中。どのクリニックにするか悩んだらチェックしてみてください。

【CHECK!】自毛植毛クリニックの評価ランキング・ベスト3

生着率の高い、切らない手術が可能
湘南美容外科クリニック
4.6
場所新宿、大阪、福岡、仙台
営業時間10:00-19:00(新宿院)
休日年中無休(新宿院)
植毛方法FUT法、ARTAS(毛根切断率の低いFUE法)
無料カウンセリングOK(専門医師が実施)
湘南美容外科クリニック

メスを使わない手術を希望の方は、毛根切断率が低くドナーを無駄にしない『ARTAS【アルタス】(FUE法)』での植毛を受けられます。また、メスを使うタイプの手術でもトリコフィティック縫合法のように、傷跡が目立ちにくい処理ができる技術レベルが高いクリニックです。コスト、技術、実績のどの面からも高く評価でき、AGA治療の専門医師による無料のカウンセリングを受けることができるのも大きな魅力。

TOMクリニック
コストパフォーマンス抜群
TOMクリニック
4.4
場所東京新橋、大阪梅田
営業時間10:00-20:00
休日不定休
植毛方法ARTAS(アルタス)
無料カウンセリングOK

基本料金0円でARTAS(アルタス)での自毛植毛を受けられるクリニックです。できるだけ安い料金で、たくさんの毛髪を移植したい方にはおすすめのクリニックです。また、投薬治療(フィナステリド錠を使用)も、1ヶ月あたり3750円と非常に安い値段で始められます。

アイランドタワークリニック
国内植毛シェア1位の人気
アイランドタワークリニック
4.3
場所新宿、大阪、名古屋、東京
営業時間10:00-19:00(新宿院)
休日年中無休
植毛方法i-ダイレクト法、ストリップ法
無料カウンセリングOK

自毛植毛手術を受ける方の10人中7人が選んでいる人気のクリニックとなります。切らない手術にも関わらず、1回の手術で大量植毛が可能な、『i-ダイレクト法』と呼ばれる独自の手法が特徴です。ただし、他のクリニックと比べて、植毛費用は高く設定されています。