1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. 方法
  4. ≫【2017年版】自毛植毛の各手法のメリット・デメリット

【2017年版】自毛植毛の各手法のメリット・デメリット

自毛植毛の各手法
男性型脱毛症(AGA)の改善策として、自毛植毛法を選ばれる方が最近では増えてきています。ミノキシジルやフィナステリドのような育毛剤が開発されたといえ、それらだけでは望んだ結果を得られることができないのが、その理由でしょう。


たしかに、ミノキシジルが配合されたロゲインや、フィナステリドが含まれているプロペシアのような治療薬は、科学的には効果の認められている薬だけですが、予防以上の飛躍的な効果を期待するのは、なかなか難しいですからね。


そのような理由から、今後も自毛植毛を受けられる方はどんどん増加していくと考えられます。


しかし、自毛植毛と一口に言っても、その方法は1つだけではありません。植毛先進国のアメリカで行われている『FUT法』や『ARTAS植毛』のような手法から、日本で古くより行われてきた単一植毛法のような手法まで、さまざまな方法があります。


そこで、こちらのページではそれぞれの手法の特徴とメリット・デメリットを紹介します。自毛植毛での薄毛対策を検討されている方には、参考になるはずですので、ぜひご覧になってみてください。

いろいろな自毛植毛法の比較表

以下に掲載するのが、さまざまな自毛植毛法の比較表となります。

FUT法 FUE法 フラップ法 単一植毛法 植毛ロボット(ARTAS)
おすすめ度
特徴 1000株以上の大量植毛に適している手法 メスを使わない植毛法。少量で狭い範囲の植毛に向ている 頭皮ごと移植する手法。手術時間が短い。 毛一本ずつを専用の針を使い移植する 髪の採取のロボットを活用した方法。毛根切断率が低い
メリット 植えた髪の定着率が高い。見た目が自然。密度を濃くできる メスを使わない、切らない 手術時間が短時間で済む 見た目が自然に仕上がる メスを使わない、切らない。髪の切断率が低い
デメリット 手術用の設備のあるクリニックが国内では少ない 米粒状の傷跡が残る。広い範囲に適していない 失敗をすると植毛した髪が全て抜け、大きな傷跡が残る 費用が高い。FUT法と比較して、定着率が低い ARTASのあるクリニックが少ない
総合評価
詳細な解説 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

高評価だったARTAS植毛とFUT法植毛を受けられるのクリニック

比較表をご覧になってお分かり頂けるように、現在クリニックで受けられる植毛法の中では、『仕上がりの自然さ』、『植毛できる髪の密度』、『植えた髪の定着率の高さ』を考慮すると、『FUT法』と『ARTAS植毛』の2つの方法が、当サイトではお勧めできる手法となります。


なお、最も評価の高かったARTAS植毛については、設備自体が日本国内にはほとんど無いというデメリットもあります。当サイトで確認している限り、その台数は現時点では9台だけですので。


ちなみに、それらの内で7台を所有しているのが、『湘南美容外科クリニック(湘南美容外科プロデュース)』です。世界的にも見ても症例数トップクラス(2014年はARTASでの手術数が世界一位)ですので、実績もあるクリニックとなります。

湘南美容外科クリニック
ARTASでの植毛を受けるのであれば、最もおすすめできるクリニックです。湘南美容外科クリニックの詳しいレビューと口コミ評価については、次の記事で確認することができます。

湘南美容外科クリニックの評判や特徴はこちら


また、ARTASでの植毛を費用を安く受けたいのであれば、『TOMクリニック』がおすすめです。

TOMクリニック
ARTASを導入したのが2015年のため、症例件数はルネッサンスには劣りますが、着実に症例数を積み上げています。1000グラフトあたりの料金は、湘南美容外科クリニックと比較して20万円以上も安いです。
TOMクリニックの自毛植毛の評価【メリット・デメリット】


一方、ARTASに続いて評価の高かった『FUT法』について、こちらは髪を採取する際に後頭部にメスを入れるため、傷跡が残ることを不安に感じる方もいらっしゃるかと思います。


その点に関してですが、傷跡を目立たなくする『トリコフィティック縫合法』が可能な医師が在席しているクリニックを選ぶようにしてください。


例えば、先ほど紹介した『湘南美容外科クリニック(湘南美容外科プロデュース)』であれば、トリコフィティック縫合法が可能なお医者さんも在席しています。


なお、トリコフィティック縫合法での縫合を希望する場合には、診察時に必ず医師にその旨を伝えるようにしましょう。


手術を終わってから伝えては間にあいませんので、その点はくれぐれも注意してください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。


【2017年・最新版】自毛植毛クリニックの評価まとめ

自毛植毛クリニックの比較表
こちら(↑)では、自毛植毛が可能なAGAクリニックを当サイト独自の基準で評価した上で、目的別のおすすめの病院を紹介中。どのクリニックにするか悩んだらチェックしてみてください。

【CHECK!】自毛植毛クリニックの評価ランキング・ベスト3

生着率の高い、切らない手術が可能
湘南美容外科クリニック
4.6
場所新宿、大阪、福岡、仙台
営業時間10:00-19:00(新宿院)
休日年中無休(新宿院)
植毛方法FUT法、ARTAS(毛根切断率の低いFUE法)
無料カウンセリングOK(専門医師が実施)
湘南美容外科クリニック

メスを使わない手術を希望の方は、毛根切断率が低くドナーを無駄にしない『ARTAS【アルタス】(FUE法)』での植毛を受けられます。また、メスを使うタイプの手術でもトリコフィティック縫合法のように、傷跡が目立ちにくい処理ができる技術レベルが高いクリニックです。コスト、技術、実績のどの面からも高く評価でき、AGA治療の専門医師による無料のカウンセリングを受けることができるのも大きな魅力。

TOMクリニック
コストパフォーマンス抜群
TOMクリニック
4.4
場所東京新橋、大阪梅田
営業時間10:00-20:00
休日不定休
植毛方法ARTAS(アルタス)
無料カウンセリングOK

基本料金0円でARTAS(アルタス)での自毛植毛を受けられるクリニックです。できるだけ安い料金で、たくさんの毛髪を移植したい方にはおすすめのクリニックです。また、投薬治療(フィナステリド錠を使用)も、1ヶ月あたり3750円と非常に安い値段で始められます。

アイランドタワークリニック
国内植毛シェア1位の人気
アイランドタワークリニック
4.3
場所新宿、大阪、名古屋、東京
営業時間10:00-19:00(新宿院)
休日年中無休
植毛方法i-ダイレクト法、ストリップ法
無料カウンセリングOK

自毛植毛手術を受ける方の10人中7人が選んでいる人気のクリニックとなります。切らない手術にも関わらず、1回の手術で大量植毛が可能な、『i-ダイレクト法』と呼ばれる独自の手法が特徴です。ただし、他のクリニックと比べて、植毛費用は高く設定されています。